それに合う方向を提示しています。

消費の中心がオンラインに確実に移っただけに、オンラインマーケティングは生き残るための生存になりました。 つまり、かつては選択によるものだったとすれば、今はひたすら生き残るためにしなければならない時代なのです。



「市場が拡大されたほど、その方法も多様になったんですが。」 全ての領域を全部しなければならない必要はありません。 もちろん、隙間なく全領域でのマーケティングを行えばそれだけ効果はいいかもしれません。 しかし投資される費用対収益率を計算してみたらあまり良いものではないでしょう。



したがって私たちはできるだけ少ないマーケティング費用を持ち、できるだけ多くの効果を出すための方法を探すことがマーケティング成功の争点となりました。


最も一般的なオンラインマーケティング領域10種類です。

様々なマーケティング領域があるとお話したのですが、 その中でも多くの企業が使っている方法、数多くのマーケティング会社でとっている基本領域について指摘しようと思います。



多くの人が取っている方法は、競争率が高いことになり、その分費用がかかったり、該当分野に優れた能力を要求していると考えられます。 そのため低コスト、高効率マーケティングを望むならマーケティングに対する経験豊富な専門家の助力が必ず必要だという話になります。



一般的なマーケティング領域は大体10種類くらいですが、 この中で最も基本となりながらも業種を問わず必須となる領域であるキーワード検索広告、ブランドブログ、ホームページ制作についてはよく知っておく必要があります。

まずオンラインでできるマーケティングといえば、真っ先に思い浮かぶのがパワーリンクとパワーコンテンツを活用したキーワード検索広告ではないかと思います。 ポータルサイトは、限られた空間に数百、数千、数万人の人々が集まる구글상위작업という特性を最もよく生かした方法だと言えます。



簡単に言うと、他の人があるキーワードを検索した時に上段に私のホームページやコンテンツが表示されることです。 ある意味1次ターゲティングが行われる広告形態なので、効率的なオンラインマーケティングの一分野として挙げることができます。



ただ、ひとつ短所としては競争率が高いことで、それだけ広告費用が高く策定されていることです。 一度クリックすると広告費用がかかる形ですが、ひどい場合クリック1回で最大10万ウォンが広告費となる場合もあります。 (もちろん普遍的には10ウォンから千ウォン程度で広告費が策定されています。)
また、過去にはキーワード検索広告の広告効率が高い方でしたが、今はオンラインでできる様々なマーケティング領域が発達し、売上につながる転換率が少し低くなっている状況です。


検索広告の次に基本となるのがブログを活用したマーケティングです。 「いつのブログマーケティングを 口にするの?」と思いましたか? そうであれば、最近のマーケティングのトレンドを知らずにおっしゃるのです。



もちろん、過去には「露出」中心のブログマーケティング戦略が大半だったため序盤はマーケティングに効果的でしたが、その広告効果は長く持続することができませんでした。 しかし、今は話が変わりました。



露出中心よりは「オンドメディア」の役割に重点を置いています。 簡単に言えば、ブログを通して消費者に信頼感を伝え、消費との接点になるようにホームページのような役割のために使われていると考えてください。

ポータルでもやはりブログの役割が情報伝達を中心に置かれているだけに、露出されるブログのコンテンツが単純な内容よりは情報と個人の意見、経験が込められた高クオリティのコンテンツが主流である点に注目する必要があります。



したがってオンラインマーケティングで別名「受け入れられてくれる」ブログ戦略を取りたければ、「自分にターゲットとなる消費者はどのようなコンテンツを消費したいか」を考えてみて、消費者ニーズに満たされるコンテンツを周期的に制作することがいいでしょう。


ブランドブログが拡張されたオンドメディアの概念に属するとすれば、最も基本となるオンドメディアは当然ホームページと言えます。 簡単に言うと、オフラインショップとも思える空間です。



でも、もしホームページがなかったらどうでしょうか? 例を挙げて考えてみましょう。



祝日の贈り物セットで健康食品を購入しようとオンラインで検索していたら、価格や効能が似ているAとBの2社を置いて悩んでいます。 ところで、A社はきちんとしたホームページがあり、B社はホームページがない時、どの会社にもっと信頼できますか。 Aかいしゃですか? Bかいしゃですか?

おそらくほとんどの人は、商品2つが同じくらいなら、ホームページがあるAメーカーを選ぶ確率が高いと思います。 なぜなら、ホームページの存在一つだけでももう少し規模が大きい会社だというイメージを伝えてくれるからです。


このような違いのため、ホームページは基本的に制作されなければなりません。 もちろん、業種によっては必要でない業種もあります。 たとえば美容室のようにです。



美容室のホームページを見たことがありますか。 考えてみると、私たちは美容院を選ぶにあたり、規模が大きいところよりは口コミが多いところ、あるいは家から近いところを選んでいます。 このように、私の業種が何で、利用する消費者の行動パターンをしっかり理解していたら、ホームページの必要性の有無を簡単に判断できるでしょう。





必須&選択領域をしっかり区分しましょう。

美容室の例のように、ホームページは基本的に必須とされるオンラインマーケティング領域であるにも関わらず、あえて必要でない業種があり得ます。 キーワード検索広告やブランドブログ広告も同様です。



したがって業種別に優先的に進行されるべきマーケティング領域と時間をかけて後順位で進行されるべきマーケティング領域はそれぞれ異なることがあります。 しかし、マーケティングを初めて接する方ではその明確な判断がなかなか難しいのです。 そのため、専門のマーケッターのアドバイスが必要なのです。

オンラインマーケティング専門業者のスマートブローは、業者に対する事前調査にかなり多くの時間を投資しています。 どんな消費者主層をなしているのか、彼らの消費パターンはどうなのか、同じ業種市場で低いコストで最大の広告効果を出すためにはどんな戦略をとるべきなのかなどを正確に把握して、それに合った方向を提示しています。



最適なマーケティング戦略を見つけるためには様々な要因が同時に考慮されなければならないため、一つの正解はありません。 重要なのは分析です。 私に対する、そして周辺に対する分析が確実になった時、マーケティングの方向も確実になることができます。

에 발행했습니다
Uncategorized(으)로 분류되었습니다

댓글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다