再び海岸に沿って走って都頭峰を

今回の日程を調整して、友達と
集まることになりました。 何か特別なことを
やってみたくて、検索してみたら
済州島のスクーターレンタルできる場所を
発見して利用するようになりました。

知人が教えてくれたのは、ゴーゴースクーターという
ところだったんですが、レビューも多くて安心しましたし、
済州空港の近くにあるので探すのも簡単でした。
後で知ったことなのに 48時間予約したら
空港までピックアップしてくれましたね。

正直、地元の人が教えてくれたところは 失敗がないじゃないですか。
行ってみたら車種も多様だったし、利用価格も
合理的だったが、西帰浦中文でも
힐링업 返却しても良くてあれこれ負担がなかったです。

ここの社長が整備も直接されていましたが。
それで事故が起きても安く修理を
受け取れましたが、ヘルメットから携帯スタンドまで
様々な関連アイテムは無料で提供してくれる
システムだったんですね。

肯定的なレビューが多くなるしかないね。
たかったんですが、パッケージ商品でロケ地として有名な
場所を割引価格で利用できる特別入場券も
販売していました。

こういうのもあるんだと思ってたんですが、 その時。
社長が済州島のスクーターレンタルに必要な賃貸借
契約書をくださいました。 親切に関連した説明
言いながら, 簡単な身の上情報を記載しろとおっしゃいましたね。

最初はこういうのをあえて書くのかと思いましたが、
一つ一つ説明を聞いてみたら必要なものだという
ことがわかりました。 よい情報を得ることができる
有意義な経験になりました。

そのように必要な書類を作成してみたら
役に立つ情報誌みたいなものをくれました。
基本常識から旅行する際は、安全のために留意すること
コツまで得ることができました。

広く広げてみると全体の地図が出てきた。
見ながらどこに行くのがいいか日程を
立てることもできました。 でも初心者には
乗り方はもちろん、関連事項まで
教えてくれるということで、 もっと信頼できました。

ヘルメットも種類も多くて気に入りました。
この際、透明なカバーとゴーグルが付いていることが、もしもの
状況に備えることができ、より安全だと知らせている。
くれました。異物や小さな石ころのようなものが
跳ね返っても安心できそうだと思いました」

そう思いながら、白いヘルメットで
選びました。 原色は少し負担になるし
黒はくすんで見えたので決めたんですが
ぴったり合うものを着用して 保護されている気分になって
楽しく乗れるような感じがしました。

そうやって準備を終えたら、すぐに
済州島のスクーターレンタルしてくれました。
どんなモデルなのかは知らなかったけど、 管理がしっかりしていて
いることが分かりました。 それで
気分が悪かったので、乗って行こうと思ったんですが。

社長が確認もしないで 乗って行っちゃったら
後でしっぽを掴むところもあるって注意して。
すると教えてくれましたね。 そして計器盤から
携帯で撮っておくようにと言ってくださって、 几帳面に。
全部写真に撮っておきました。

他の商品も同様にキズがある場合は
ないか、走行距離や燃料状態等を全て
チェックしておいて、 後で写真を撮っておかないと。
紛争の素地がないものでした。

こんなところですので、地元の方もおすすめなのが
んじゃないかと思ったんですが、 おかげで信じられる
メーカーに出逢ったようで運が良かったという感じも
もらいました。 この日、忘れられない素敵な思い出を残すことが
そうだと思いました。

スマホでアプリを見ながら、移動しようと思って
●「したのにバッテリーがなくなれば面倒だ」
と思ったんですが、アダプターがあって、いつでも
充電ができて余計な心配でした。

そしてスマホスタンドも装着してくださって、
楽に移動することができました。 速度を出せば
落ちるのではないかという懸念もあるが、しっかりと
固定されてほとんど揺れませんでした。

出発する前にも安全のための助言を
してくださったほどご親切でしたよ。 それで
次に済州島のスクーターレンタルをすることになったのが
あれば必ずここでやろうと決心しました。

最初の目的地として龍の雲橋に行くことにしました。
先に出発すると友達が車でついてくることに
でもスピード感もあって、 乗る楽しさもあったし
風に伴って春の気配が体に伝わりました。

心がすっきりするのが都心の中でも
自然と共に過ごす気分を満喫することができました。
一方ではこれだから同好会もあるくらい
人々が好むんだなと思ったりもしました。

そんなに楽しんでいたらあっという間に到着しました。
龍淵は小さな池で、龍頭岩は西側の海辺に
できる岩で、ここも見どころが十分でしたが、
景色も鑑賞したり写真も撮ろうとやっきになる。
なく、龍淵橋に向かいました。

龍潭公園を過ぎると目に入った。
観光スポットとして人気を集めており、周辺施設も整っているため、
ありました。 風景一つ一つが、絵のように見える
のが見ているだけで癒されました。

河口はすぐ海とつながり、上流を
ヨンヨン渓谷があるので、名称通り
雲の上を歩く印象を受けました。

こんな所が近くにあったら日常がこの上なく
楽しいんじゃないかと思って、 鑑賞するんですけど
空っぽになるようでした。 ●同日、済州島スクーターレンタルも
してみて忘れられない絶景まで見るようになってこれから
良いことばかり起こるような気運も得ましたね。

続いて、龍潭海岸道路に沿って走ってみました。
市内での移動とは確実に
他の開放感が印象的でした。

友達が空と海が接していて
その間を走っているように見えたというのですが。
何か羨ましがってるようだったけど、
1秒でも逃したくなくて一人で満喫しましたね。

そのように海岸道路に沿って走って、空港の近くに
放射塔でも時間を過ごしました。 厄除けのために
セウンの石塔と言って、 良い気運をもらうために
しばらくの間、鑑賞しました。

そしてまた海岸に沿って走って都頭峰を
ジーナや有名な馬灯台がある梨湖テウ海辺まで
移動しました。自転車と違って大変でもなく
時間を効率的に使用することができました。

何て言うか、今回また違う旅行の楽しさを知るように
なったと言えるでしょうか。 友達も羨ましかったのか、今度
集まる時は一緒に済州島スクーターをレンタルして
西帰浦まで完走することにしたんですが、
すでに楽しみです。

에 발행했습니다
Uncategorized(으)로 분류되었습니다

댓글 남기기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다